山形県鶴岡市の弁護士事務所・佐藤充崇法律事務所です。

コラム

民事訴訟法の秘匿措置の開始と今後

通常、民事訴訟を提起するときは、原告側は原則として氏名と住所を訴状に記載しなければなりません。氏名は民事訴訟法134条2項1号、住所は民事訴訟規則2条1項1号です。   ただ原告がDVの被害者でありシェルターなどに避難し …

国庫帰属金のニュースと相続の難しさ

 今これを書いている時点では全国に寒波が押し寄せている真っ最中で、鶴岡でも猛吹雪で大変ですが、皆さまご無事でしょうか。 私は雪の少ない仙台出身なので、大雪のたびに鶴岡の方が老若男女を問わずテキパキ雪への対処をしているのを …

民事法律扶助制度のデメリットと、弁護士側の苦悩と葛藤

日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助制度というものがあります(https://www.houterasu.or.jp/housenmonka/fujo/index.html)。これは基準額以下の収入・資産の方に …

面会交流(間接交流)の多様化

単なる別居の段階や離婚調停と合わせて、面会交流調停や審判の申立をしたり、その依頼を受けることがよくあります。 かつてはよっぽど虐待やDVがひどいとかでない限り、だいたいつき1~2回程度子どもに会わせる、という内容が多かっ …

「破産」というネーミングの悪さ

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。   新年早々ネガティブなテーマですが、債務整理の法律相談を受けていると、時々、理由はないのに破産は絶対嫌、という方をお見掛けします。 破産のデメリット …

副業詐欺と、意外に便利なクーリングオフ・消費生活センター

法律相談サイトの相談でもリアルの相談でも、最近は副業詐欺・副業商法が多くなってきました。「お金が儲かりますよ」と言ってネットショップ運営や情報商材の販売などを持ちかけ、高額なサイト管理費を取ったり高額な書籍や情報商材を売 …

ローカル情報誌の貴重さ

庄内小僧2022年12月号に私が書いた記事を掲載して頂いています。テーマは死因贈与。発行者の方からも許可して頂きましたので、私が書いた部分の記事を添付します。 221126 庄内小僧12月号記事M記載部分 庄内小僧は地元 …

雪と弁護士業務

庄内は稲刈りの時期も終わり、雪がいつ降ってもおかしくない時期になって来ました。 私も最近、スノータイヤに履き替えたばかりです。   雪かきが重労働なんで、雪国に住んでいる方で雪が大好きって言う方もあまりいないと思います。 …

債務整理の選択肢と現状についての私見

借金でお困りの方々に、どういう選択肢があるのか。ちょっとネットで検索すると、概ね5つくらいに分類されて紹介されているようですね。(お困りの皆様のために申し上げると、債務整理は出来れば地元の弁護士に頼んでくださいね)。 ① …

相続放棄の期間制限の厳しさと、あまり知られていない緩さ

借金をたくさん抱えた両親が亡くなった場合など、自分が誰かの相続人になっているときに、3か月以内に家庭裁判所で一定の手続をしないと借金まで相続してしまいます。この「3か月」、やはり短いですね。亡くなって四十九日を過ぎたらも …

1 2 3 4 »
無題ドキュメント
〒997-0826                  
山形県鶴岡市美原町15-26
TEL 0235(33)8662
FAX 0235(33)8663
営業時間                       
9:00~17:30

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 佐藤充崇法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.